前へ
次へ

覚えにくいものだけ集中的に暗記していく

何かを暗記したい時は、繰り返し学習は有効です。
例えば英単語を300個ほど覚えたいとします。
覚えるためには、何回も学習を続ける方が良いでしょう。
1回だけ学習するのではなく、繰り返すことが大切です。
よく「継続は力」と言われますが、実際それはその通りです。
毎日寝る前に英単語の学習を繰り返していれば、徐々に覚える事はできます。
ただ上記の点が分かっていても、実際には時間不足になってしまう事があります。
そもそも勉強のために確保できる時間は、限られているでしょう。
中間試験まで1ヶ月ぐらいしか無いという状況も、よくあります。
そもそも毎日のように英単語の学習を続けるのは、どうしても時間投入が必要です。
時間は、なるべく効率的に使いたいでしょう。
効率良く暗記したい時には、「よく間違える単語」だけを集中的に学習する方法があります。
すでに頭に焼きついている単語は、わざわざ時間をかけて学習する必要はありません。
復習する事は大事ですが、上記のように時間が限られている時は、あまり復習に力を入れすぎるのも非効率的です。
それよりは、なかなか覚えられない単語だけを集中的に学習してみると良いでしょう。
上述の300個の単語の中で、すでに200程度は十分に覚えた時には、わざわざそれを復習する必要はありません。
むしろ残り100個にエネルギーを費やす方が、時間を効率的に使えます。
問題集などを解く時にも、このようなやり方は有効です。

地域密着型の回収業者を選ぼう
適切な方法で、処理してくれるから安心してお任せできます

不用品回収 大阪

急な依頼にも即日対応でお片付けサービスを東京23区でご提供
もしもの時があった時、ユースフルにお電話ください

では間違いやすい単語を集中的に覚えるには、具体的にどうすれば良いかというと、学習用のアプリを活用してみると良いでしょう。
幸いにも、最近では学習用の便利なアプリが色々リリースされています。
アプリには、場所を選ばないメリットがあります。
WEBに接続可能な場所であれば、どこでも構いません。
自宅でも学校でも職場でも、スマートフォンで簡単に学習できます。
利便性を考慮すれば、学習アプリはおすすめです。
何と言っても、学習アプリによっては「間違いやすい単語を集中的に出題」してくれる機能があります。
単語帳のアプリも沢山リリースされていますが、正答率があまり高くない単語を優先的に出題してくれる訳です。
効率的に学習するためにも、アプリも上手く活用してみると良いでしょう。

Page Top